女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2021年6月アーカイブ

左右の重心位置を確認する 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
グリップとアドレスの準備II
アドレスⅡ
⑤左右の重心位置を確認する。
アドレスの左右の重心配分は5:5ですが、
背骨がやや右に傾くと右重心になる恐れがあります。
そこで下半身はやや左寄りの重心にしてバランスを
取りましょう。5:5の重心配分がジャンプして
着地した時と同じになっているかどうかチェックできます。
次回もお楽しみに。

右膝の向きを覚える 面高プロ

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
グリップとアドレスの準備II
アドレスⅡ
③右膝の向きを覚える。
右膝はスイング中、常に内側に力を入れて頑張るので
アドレス時に右膝を軽く内側に向けた姿勢を
作っておきます。
この感覚はスキーを行う時の右内側エッジを立てる感じに
似ています。
右膝は頑張って体が右に流れるスエー動作に
抵抗しなければならないのでしっかり覚えましょう。
次回もお楽しみに。

左肘の位置と絞りを確認する 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
グリップとアドレスの準備II
アドレスⅡ
①左肘の位置と絞りを確認する。
アドレス時の左腕は左胸の上に乗せ(女性は胸を横に押し)肘の内側を上に向けるようにしてセットします。
この感覚は椅子などを上から押す感覚に似ています。
クラブを上から押す感覚を大事にしながら
左肘の絞りと腕の位置を覚えましょう。
②右肘の位置と絞りを確認する。
アドレス時の右腕は右胸の横から右肘を
下に向け若干たわませるようにしてグリップしています。
この感覚は右人差し指に鞄を吊る感じに似ています。
クラブを下から支える感覚を大事にしながら
右肘の絞りと腕の位置を覚えましょう。
次回もアドレスについてお話ししていきます。
お楽しみに。

« 2021年5月 | メインページ | ブログ記事一覧