女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2021年2月アーカイブ

コースレッスン 小高プロ

【コースレッスン】

数ヶ月ぶりにコースレッスンを実施しました。
場所は鎌倉パブリックゴルフ場♪
やっぱりコースはいいですね!

今回は火曜日のスクールメンバー3名で行きました。

皆さんスコア120切りを目指してマイパーを設定して、
それぞれテーマを持ってのラウンドです。
最初は緊張もあってかなかなか思うようにいかなかった
ショットも徐々に良くなり、終わる頃にはかなりナイスショットを連発してました。
目標達成はTさん。(116)
圧巻は上がり4ホール連続ボギー‼️
ナイスプレー‼️
Aさん、Kさんも目標達成にはもう少しでしたが良かったと
思います。

これからまたコースレッスンを再開していきたいと
思いますので是非ご参加下さい。





ダウンスイングの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの体の回転
前回の紐を踏む練習を棒に変えます。
棒を踏む練習は紐の場合と違い足の中で
起こる小さな体重移動を体重のかかっていない側を
浮かせるという現象ではっきりと示します。
このため正しい体重移動ができるとトップオブスイングでは
右のつま先と左の踵、フィニッシュでは右の踵と
左のつま先が浮くようになります。
なお、この体重移動は小さな動きであるため
棒を踏んでいない時には体重がかからない側を
無理に浮かせる必要はありません。
次回もお楽しみに。

ダウンスイングの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの体の回転
ここではダウンスイングにおける体の回転を覚え
クラブが地面に刺さるミスを防止します。
従来のゴルフ理論ではダフリと扱ってきましたが
ここではスイングの最下点がボールの右側になるダフリと
スイングの最下点が深くなってしまうササリという
ミスショットを分けて考えています。
それはそれぞれの原因が異なるからです。
ササリというミスショットはスイング中の回転運動で
上体が前に突っ込むことが原因でありこの動作は
クラブフェースの付け根で打ってしまうシャンクという
ミスショットも発生させます。しっかり矯正しましょう。
次回はその矯正方法を紹介していきます。
お楽しみに。

コンバインドプレーン 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの腕の動き
トップオブスイングで両肩に力が入っていると、
ダウンスイングで左腕を強めに引き下ろすことが
できなくなります。これによって右肘の速やかな伸びも
行われなくなりクラブヘッドも下りにくくなります。
この現象はトップボールが出る原因になります。
両肩の力を抜いたトップオブスイングから強めに
左腕を下ろし右肘が速やかに下ろされる感覚を覚えましょう。
この感覚が通常のスイングに導入できればトップボールは
いつでも修正できるようになります。
次回はダウンスイングの体の回転についてお話ししていきます。お楽しみに。

コンバインドプレーン・ダウンスイングの腕の動き 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの腕の動き
インサイドから振り下ろした腕はフォロースルーでは
アウトサイド気味に振り抜かれます。
腕の縦の動きを意識してダウンスイング以降の
腕の振り抜き方向を確認し、
L字スイングやコの字スイングに取り込みましょう。
次回もお楽しみに。

« 2021年1月 | メインページ | ブログ記事一覧 | 2021年3月 »