女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2020年11月アーカイブ

コンバインドプレーン・ダウンスイングの腕の動き(右肘) 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの腕の動き(右肘)
L字スイングのトップオブスイングから体を回転させずに
両腕を引き降ろし、右肘が体に触れたところで
一時停止します。その姿勢で1秒ほど停止した後、
右肘を伸ばしながら体を回転させボールを打ちます。
この練習で重要なことはボールを上手く打つことではなく、
停止姿勢までの振り降ろし方と右肘が体に触れる場所を
覚えることにあります。お試しください。
次回もお楽しみに。

コンバインドプレーン・ダウンスイングの腕の動き 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・ダウンスイングの腕の動き
バックスイングとフォロースルーの正しい回転を覚えると
ターン動作のスピードが徐々に速くなってきます。
それに伴ってクラブヘッドが地面に落ちるスピードが
相対的に遅くなりトップボールが出る確率が高くなります。
そこでクラブヘッドが地面に振り下ろされるスピードを
速くすることで2つの動きのスピード調整を
再び行わなければなりません。
そのために先ずはダウンスイング時の右肘の動き方を
覚えることでクラブヘッドをより速く振り下ろすことが
出来ます。次回もお楽しみに。

コンバインドプレーン・フォロースルーの腕の動き 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの腕の動き
腕とクラブで綺麗な三角形を作る動作を行う間に、
体をフルスイングのフィニッシュまで回転させます。
これにより三角形は飛球線後方から見えるようになります。
それがフルスイングのフィニッシュの形です。
腕も体も最後までしっかりと意識しましょう。
次回はダウンスイングの腕の動きを解説していきます。
お楽しみに。

« 2020年10月 | メインページ | ブログ記事一覧 | 2020年12月 »