女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2020年7月アーカイブ

コンバインドプレーン フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
フルスイングのフォロースルーではMAXの80%まで
体を回します。この回転可動拡大により、
より高速な回転運動ができるようになり飛距離が伸ばせます。
フルスイングでは両腰骨のラインが目標方向に
正対させるよりもさらに回すので、左足の母指球の辺りを
浮かせることが必要になります。
左腰で引っ張る回転で左足踵体重を維持しておヘソを
左に回すと母指球の辺りが浮いてきます。
それを無理に浮かないようにしてしまうと
腰を痛めやすいので注意しましょう。
次回もお楽しみに。

コンバインドプレーン フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
フォロースルーで左膝を内側に曲げたまま
両腰骨を結ぶラインを飛球線に対し正対する位置まで回すと、
左膝よりも左腰の方が背面方向に出っ張るように
動いていきます。これによりフィニッシュ時の左足は
やや踵体重になります。
チェックしてみましょう。
次回もお楽しみに。

日本シニアオープン一次予選 茨城ゴルフ倶楽部

こんにちは!
ブログご無沙汰しております!
スクール担当、渡邊です。
日本シニアオープン一次予選会場、茨城ゴルフ倶楽部、西コース...手強いです。ティーショットはなんの問題もなくパンパン打って行けます!問題はそこからです...Aグリーン使用、横幅は20y前後。大きいもので縦幅31 y、小さいものに至っては22yとコンパクトサイズ。奥から手前に向かっての基本的な傾斜、その中にポコポコとマウンドが上手く配置されています。平らな面が限られてくるので練習ラウンドでこの辺りかなぁと目星をつけて...当日...アラ...(°_°)...
ここ切りますかぁ?って感じでピンポジションには傾斜がかかっているのなんのって^^;
幸いグリーンの速さ(スティンプ)は10.5フィートとそこまで速くはないセッティング。にしても1m弱で2カップ以上切れてくると難っ。
インコーススタート...前半ハーフ3オーバー。
ほんと、くだらないボギーが3つ。
コレ...予選通過に黄色信号...いや、赤信号であります(>_<)
ハーフターンして5ホール目のロングでやっと2オン2パット...バーディーを取り...
しかし...
No.7でセカンドショットをグリーンの左バンカー入れて寄らずボギー...
結局上がり2ホール取れずの75の3オーバーでホールアウトです(TT)いいゴルフ出来なかったなぁ...ガクッ。

この一次予選茨城会場は22名の通過です。最終組だったのでスコア提出時に競技委員に『カットどのくらいでしょう?』と尋ねたところ『2オーバーは大丈夫ですね。』とのこと...チーン。3オーバーまで通ったとしてもマッチングスコアカード方式で順位を決めるので前半インコース...3オーバーですから通過の可能性は...2%くらいでしょうか...

マッチング・スコアカード方式
以下の順序により合計スコアを比較し、順位を決定する。
①2ラウンド以上の競技の場合は最終ラウンドのスコア
②最終ラウンドの10番から18番ホールの合計スコア
③最終ラウンドの13番から18番ホールの合計スコア
④最終ラウンドの16番から18番ホールの合計スコア
⑤最終ラウンドの18番ホールのスコア
⑥最終ラウンドの4番から9番ホールの合計スコア
⑦最終ラウンドの7番から9番ホールの合計スコア
⑧最終ラウンドの9番ホールのスコア
上記の方法でも決まらない場合は
⑨委員会によるくじ引き

戻ってからJGAのホームページで結果の確認をしてみると...
なんと、22番目で通過しているじゃないですか!最後の1人に入っていました。
2%の可能性...この通過、マッチングで通過出来なかった選手達の為にも決して無駄にはしない。
そして、今回練習ラウンドにお付き合いして頂いた方々、ありがとうございました!感謝!すでに気持ちは鳴尾にあります笑
次はPGM総成で最終予選会です!
練習ラウンド兼ねてのラウンドレッスンも行いますのでご希望の方お気軽にお声掛け下さい^ ^

『プレーの進行』 小高プロ

『プレーの進行』
昨日のコースレッスンでの出来事...
朝9:10予定通りOUTコース1番ホールをスタートし、
2番ショートホールに向かうと、なんと4組待ち...(◎_◎;)
先のコース上ではちょっと年配の?男女4人組が
各自グリーンにオンさせようと悪戦苦闘。
やっと皆んながオンしたと思ったらそこからがまた大変(>_<)
1人1人のプレーが兎に角遅い、
後ろに何組詰まっていようがマイペース、
急がない...そこから先も待ち待ちで
結局ハーフ終わってみれば3時間10分(>_<)
おかげで同伴のお客様にはスムーズなプレー進行について
しっかりレッスンする事が出来ました(苦笑)
っと言うことで、次回からはスムーズにプレーを
進行させる為に...をテーマにお話ししたいと思います。


コンバインドプレーン ・フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
ゴルフスイングでは上体は前傾姿勢で回転をします。
そのためダウンスイングからフォロースルーにかけて
右肩は若干下がることになりますがこの下がりは
フルスイングよりも9-3スイング、L字スイング、
コの字スイングの方が多くなります。
前傾姿勢をキープした回転で正しい右肩の下がりを
覚えましょう。
次回もお楽しみに。

コンバインドプレーン フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
フィニッシュでの左膝は内側に軽く曲がっているので背面方向から見るとほぼ一直線になります。この膝の向きがフォロースルーで下半身が左横に流れてしまう悪い動きを防止します。更に体の軸を傾けないスムーズな回転運動ができるようになります。

コンバインドプレーン・フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
ダウンスイングからフォロースルーにかけての腰の動きは、
左膝を中心にして左太腿を使い左腰が背面方向に
回転する間に右膝が左膝に寄ってきます。
その左腰の回転で上半身を引っ張っていきます。
左太腿を使い左腰で上半身を引っ張る回転を意識してみましょう。
次回もお楽しみに。

« 2020年6月 | メインページ | ブログ記事一覧