女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

コンバインドプレーン・フォロースルーの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・フォロースルーの体の回転
フィニッシュ時に左膝が伸びてしまうと、
ターン動作中に体が浮きトップが発生するか右腰が極端に下がります。
腰骨が傾いたターン動作は腰を痛める原因となりますので、
左膝はフィニッシュ時にもアドレス時の角度を維持しているように
心がけましょう。
また回転中に左脚の膝頭を目標に向けてしまうと
左脚の大腿筋が十分に使えません。
更に左膝関節が目標に向くと腰が目標方向に流れやすくなり
これもスムーズな回転運動の妨げとなります。
フィニッシュの左膝は約60度の向きで止めることも心がけましょう。
次回もお楽しみに。

« 前の記事 | ブログ記事一覧 | 次の記事 »