女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2020年3月アーカイブ

コンバインドプレーン ・バックスイングの腕の動き 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの腕の動き
前回までバックスイングの体の動きをお話ししてきました。
今回から腕の動きです。
バックスイングはダウンスイングの準備であるため
ダウンスイングの腕の動きの準備にもなります。
このダウンスイングの準備となるトップオプスイングのフォームを
作るために先ずは左右の肘関節の向きや肘の向きなどを中心に
腕の動きを覚えましょう。
①9ー3スイングでは左右の肘は伸びたまま。
L字スイングでは左肘は伸び右肘は若干曲がる。
コの字スイングでは左肘が若干曲がり右肘は更に曲がる。
②バックスイングは左肩の回転でスタートしますが
8時のポジション以降、右肩甲骨を目標方向に向ける気持ちで
体を回転させることで右肘を体から離しましょう。
この回転はバックスイングの肘のしぼりを身につけるために
必要になります。
③バックスイングの右肘はアドレスからトップオプスイングまで
しぼり続けます。右肘のしぼりはトップオプスイングの左肩の
下がり過ぎも抑制するので体の回転と共に意識しましょう。
次回も腕の動きをお話ししていきます。
お楽しみに。

PGAシニアツアー最終予選会 最終日 渡邊プロ

お疲れ様です!
スクール担当、渡邊です。
PGAシニアツアー最終予選会、最終日、豪雨の予報がありまして前日の時点で中止の噂もチラホラありましたが大方の予想を覆し小雨でスタートです。
そしてスタートホール...6mから3パットボギー発進(>_<)
その後もグリーン上でミスが目立ち、終わってみればトータル36パット...これではレースになりません(TT)
ショットもさほど良い感じではないにせよイーブンくらいではラウンド出来る感じなんです。ところが簡単にオーバーパーの78...(*_*)
難しかったなぁ...黒潮のグリーン(*_*)
分かっているのにってやつです。
勉強になりました。
この本戦3日間、何も出来なかった...させてもらえなかった...
悔しいです。
来年こそKochi黒潮やっつけてやる〜!!

また今回、応援していただいた方々には心からの感謝を致しております!
本当にありがとうございました。m(_ _)m。
来週は南茂原ccにてTCPシニア選手権一次予選会です!
南茂原やっつけてやる〜!!

余談...
ゴルフはやはりショートゲームが鍵を握っています!アプローチ、パッティングの練習を疎かにしないことが大切です。そこで!お手軽ショートコースラウンドレッスンを企画させていただいております。ご興味のある方は是非!お気軽にお声掛けください(^^)/~~~

PGAシニアツアー最終予選会 2日目 渡邊プロ

お疲れ様です!
スクール担当、渡邊です。PGAシニアツアー最終予選会、2日目...昨日よりも朝練での調子が良く^ ^ヤレルかも...しかし裏腹に前半はインコーススタートからパー、ボギー、パー、ボギー、ボギーと簡単にボギーが3つも(TT)。待望のバーディーは初日から数えて28ホール目に^ ^
長かったぁ...
やっと入りました!
後半アウトコースは3バーディー、1ボギー、1ダブルボギー...最終ホール...ガッつき過ぎて左OB (ToT)/~~~
反省しております
m(_ _)m
『いや〜、ゴルフはホント難しい。難しいからこそやめられない...魅力がある。結果...超越して楽しい♪♪』独り言です^ ^

余談...
絶対左に行かせたくない時はクラブを短くグリップしてみましょう。
それによりライ角がフラットになるので左に行きにくくなりますよ!
...明日はそうします...笑

明日に備えてパター練習行って来ます(^^)!

PGAシニアツアー最終予選会 渡邊プロ

こんにちは!
スクール担当、渡邊です。
PGAシニアツアー最終予選会、
初日...2ボギー、1ダブルボギー...バーディーなし(TT)トホホ
朝の練習から、なんか左サイドが詰まるなぁと思っていたら!
やはりNO.1ティーショット右45度(ちょっと言い過ぎかな)
すっ飛んで行きました(°_°)
そんな調子に輪をかけてパターの入らないのなんのって(^^;)
ラウンド終わってからの練習でショット、パット共に修正です!
修正ポイントは春日橋に戻ってスクールでお伝え出来ればと思います。
余談...
私の後ろの組み...
世界のレフティー羽川豊プロ、ジャンボ軍団東聡プロ...
なかなかですよ^ ^

では気持ち切り替えて本日!頑張ります!

コンバインドプレーン 、バックスイングの体の回転 面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの体の回転
バックスイングで右膝の上に左肩が来るようになると
顔がアドレスのままでは窮屈になります。
背骨軸が後頭部まで伸びているとイメージして
その軸を中心に顔の面を右に動かしボールを肩越しにみることで、
各自の肩が回しやすい顔の向きを覚えましょう。
その際、クラブヘッドを真っ直ぐ引く動きは、腕だけで
インサイドに引く動きは体の回転を不十分にします。
バックスイング始動時のクラブヘッドの軌道は
腕を固定して体を回転させた時の軌道、8-4スイングの軌道になります。8-4スイング以上の大きさは全てこの軌道から
振り上げられるようにしましょう。

高知県合宿 渡邊プロ

高知入りから7日目のスクール担当、渡邊です。
昨日、一昨日とスクール生のK様、W様、高知ツアーにご参加頂きました!
2日間共に天気良好!土佐湾に向かって気持ち良く豪打を
放っていましたね~グリーン上では、お隣土佐ccのクラブハウスが
所々に見えるのですがそちらに向かって順目。
海が見える所では海に向かって順目。
コレを頭の片隅にラウンドして頂きました。難っ^^;
南国ムード溢れるKochi黒潮ccを満喫です!

夜は高知城近くの
『ひろめ市場』にてかつおの藁焼きたたきを味わって頂きました。
フライト前には坂本龍馬の銅像に会いに桂浜観光へ。
充実の2日間を喜んで頂けましたー!
K様、W様、
『まっことみんなぁに感謝ぜよ!』
『ありがとう』
『予選会、頑張るぜよ!』
『まっことおおきに!!』

シニアツアー最終予選 渡邊プロ


今月16日から高知入りしているスクール担当、渡邊です。
シニアツアー最終予選Kochi黒潮cc黒潮コース、
ちょっとグリーンにクセがあります^ ^
芝目を頭の片隅に置いてパッティングしないと事故ります(*_*)
まずは飽きるまでボール転がしてみようかな...たぶん飽きないと思いますけど^ ^
それではスクール生皆様に様々なコースでのグリーン攻略が伝授出来るよう練習行って来ます^ ^!

『コースと練習場、リンクしてますか?』小高プロ

『コースと練習場、リンクしてますか?』

練習場でよく見かける光景...

・ひたすら飛距離を気にしながらドライバーを思いっきり振り回している姿...
・フィニッシュでバランスを崩してしまうほど力一杯振っている姿...

そして一言...
『この間コース行ったらサァ、アプローチとパターが全然ダメで100打っちゃったよ〜!』

えっ、これってどうなの...?

自分の課題が『アプローチとパター』なのに
飛距離追求の練習がメイン...
これではスコアアップは望めませんね!!

コースに行って、自分のプレーを分析してウィークポイントを見つける。
練習課題が見つかり、その課題をクリアする。
そうすれば、次回のラウンドでスコアアップが望めるはずです。

皆さん、今やってる練習...
本当にコースで良いプレーをする為の練習になっていますか?
一度振り返って考えてみて下さい^_^

コンバインドプレーン 〈スイングフォーム作り〉面高プロと

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの体の回転
前回まで主に下半身の動きについてお話しをしてきましたが
今回は上半身の動きについてです。
バックスイングは肩の回転に連動して下半身が動くというのが理想です。テークバックは左肩始動を心掛けましょう。
バックスイングは前傾角度を保ったまま背骨を軸に
回転するためトップで左肩は若干下がります。
その時の左肩は右膝の上に位置することになります。
トップの形をチェックしてみましょう!

バックスイングの体の回転  面高プロ

コンバインドプレーン〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの体の回転
前回の下半身の動き方ができたら次は重心です。
下半身は右左の重心移動はしません。
まず右腰が右に流れずにその場で回転します。
次に右膝も同様に右に流れずに腰を回します。
ただし右膝頭は多少飛球線後方を向いても構いません。
この時に右膝の伸び過ぎは注意しましょう。
これにより各自の腰の回転が決まります。
トップオブスイングでは体が回転した時の重心が、
右足は踵寄りに左足は爪先寄りにそれぞれ移動します。
バックスイングの回転動作をスムーズに行うには
この体重移動が必要となります。
一度チェックしてみてください。
次回も体の回転の続きを紹介していきます。
お楽しみに。

『みんなのお手本』 小高プロ

生徒のSさん、
年齢77歳、女性、ドライバー飛距離110y

そんなSさんは常に100前後のスコアでプレーします。
何故...?
①自分の各クラブの飛距離(キャリー、ラン)をしっかり把握している。
②飛距離よりもミート率!を考えてプレーしている。
③自分の技術を過信しない。
(※今出来る技術の中で最高のパフォーマンス)
④↑の考えの上でコースマネージメントをしている。
以上を実践している結果ではないでしょうか!

そして、これを裏付けるのが週3回(1時間)の練習...
その殆どがショートスイングとミドルスイングで
ミート率を上げることを意識されているとのこと...

コースレッスンでご一緒した皆様は一様に
『凄〜い、Sさんみたいなプレーした〜い!』と必ず言います。^_^

自分を知り、練習し、作戦を立て、出来る技術を使い、考えてプレーをする。
まさに『みんなのお手本』

今は苦手のパターを特訓中、まだまだ頑張りまっせ〜!^_^


コンバインドプレーン 〈スイングフォーム作り〉面高プロ

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの体の回転
前回の右のお尻を引く動きができたら次に左足を意識します。 
左膝を斜め前に出しましょう。ただし左膝が右膝に寄ると
腰が回転しにくくなる上に体が右に流れやすくなり、
上半身の自然な回転ができなくなりますので注意してください。
次回も体の回転の続きを紹介していきます。
お楽しみに。

« 2020年2月 | メインページ | ブログ記事一覧 | 2020年4月 »