女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2020年2月アーカイブ

ゴルフスイングでの下半身の使い方 渡邊プロ

こんにちは!
スクール担当、渡邊です。
ゴルフスイングを行う上での下半身の使い方は重要です。
正しい左右の足(脚)のフットワークを使いながら
スイング中の回転軸がブレないようにする必要があるということです。
そしてこれは横方向への体重移動を利用してクラブヘッドを
加速させるのではなく回転運動によりスピードを上げて
ボールを遠くへ飛ばし、回転軸を安定させることでショットの
精度を高めることに繋がります。

具体的には
1.トップにかけては左膝と右肩を離していくようにセンター軸キープ。
2.ダウンスイング初期の切り返しでは右足(脚)の
蹴りに合わせて左膝、左股関節を割る。
3.インパクト前に割りきったら左足で地面を踏んで左脚を
真縦に蹴ることで左にシフト。

と、まぁザックリこんな感じです^ ^!
もちろん、上半身(肩の入れ替え、アームローテーション、
リストの使い方)にも重要ポイントがありますが...^^;


是非、下半身の動きがリードする形でダウンスイングを
スタートさせてバランスの良いスイングを身につけましょう。
スクール生の皆さん、ご質問ありましたらお気軽にどうぞ^ ^

目標達成! 小高プロ

やりました!
お客様のO様、先日のコースレッスンでMy par5級 100切りを達成しました。
その日のテーマは...
①グリーンまで50y以内に目標打数で運ぶこと。
※クラブ選択、ルートを考えて...
②グリーンまで50y以内から1回でオンを目指す。
※今出来る技術を使い最善の方法を考える...
③パッティングは2パットを目指す。
※グリップの強さを変えずストロークをすることで距離感を摑む...
以上3つのテーマを持ってコースに臨みました。
圧巻は最終ホール...
ティーから2打でグリーン手前9ヤードまで運び、
ピン方向にはバンカーが絡む難しい状況から、
なんとパターを使い見事にグリーンセンターにオン!2パット!
スコア99でホールアウト出来ました。
まさに②のテーマを実践しての目標達成でした!

ナイスプレー

コンバインドプレーン 〈スイングフォーム作り〉面高プロ

コンバインドプレーン
〈スイングフォーム作り〉
・バックスイングの体の回転
バックスイングの体の回転で重要なことは体を十分に捩ることです。
なぜなら捩れを戻すことでダウンスイング以降の
体の回転速度が捩れが無い状態よりもはるかに早くなるからです。
それにより先端にあるクラブヘッドのスピードも速くなり
ショットの飛距離を伸ばすことが出来ます。
ただこの捩れは上半身の回転に対し下半身が抵抗することで
発生するのでトップオブスイングでの捩れを作るには
まずトップオブスイングまでに十分に上半身を回転しておく
必要があります。
まずは右膝を若干伸ばしながら右のお尻を目標方向に引いてみましょう。右膝がアドレスよりも曲がってしまうと腰が回転できなくなります。
逆に伸び過ぎも良くありませんが腰の回転を重視してやってみましょう。
次回からもフォーム作りを細かく紹介していきます。
お楽しみに。

『コースレッスン』〜初級者 小高プロ

『コースレッスン』〜初級者

初心者編コースレッスンでラウンドに慣れてきたら、
次は目標スコアに向かって自分のレベルに合った
コースマネージメントを覚えましょう。

先ずは144ストローク(9級)から...
各ホールパーの数でオンをさせ、4パットで上がれば目標達成です。

①今の自分に出来る技術(パッティング、ショートスイング、
ミドルスイング)を使って...
↑ここまでは初心者編でやったことです。

②どういうルートをたどって行けば良いのか考えてプレーをする...
↑その考え方を覚えていくのが初級のコースレッスンです。

それには『どれだけ』飛ばすかではなく、
『どのように』ボールを運んでいくか...です。

目標スコアを達成できたかの結果も大切ですが、
1ホールごと作戦を練って考えてプレーすることが大切なのです。

そして、コースレッスンで見つかった課題をレンジで練習して
次のラウンドに繋げていく...その繰り返しなのです。

コンバインドプレーン フルスイング 面高プロ

コンバインドプレーン
〈フルスイング〉
体の横回転で出来るインパクトプレーンと腕の縦の動きで
出来る縦プレーンを組合わせるとコンバインドプレーンになります。
8-4、9-3、L字スイング、コの字スイングで
ほぼイメージは出来ますが最後はやはりフルスイングになります。
フルスイングはコの字スイングとバックスイングまで同じ気持ちで行います。
フォロースルーで作るコの字を意識しながら更に肘、
手首を曲げクラブを左肩に担ぎます。
そのまま体をギリギリまで回せばフルスイングに移行出来ます。
ポイントはクラブを縦に振り抜きながら体を
しっかり腰の回転で回すことでスピードアップさせることが
出来るかです。腕と体をタイミングよく使えるように練習しましょう。
次回から腕や体の使い方を更に詳しくご紹介していきます。
お楽しみに。

『ラウンドレッスン始めました』渡邊プロ

こんにちは!
スクール担当 渡邊です。
スクール生の皆さん、
『ラウンドレッスン始めました』❗️❗️
ご一緒に芝生の上に立ちましょう♪♪

練習場にてスクールレッスンをしていると...
「先生!、ここでは上手くいくんだよね〜」
コレよくお聞きします。
そうなんです!体の使い方やリストの使い方が良くなって皆さん、本当、お上手なんです。

そこで!

コースで何をしているのか?どのようなミスが出ているのか?
何が得意で何が不得意なのか見てみたい(°_°)

『ラウンドレッスン始めました』❗️❗️


詳細、記載致します。
お気軽にお声掛けください(^^)


渡邊プロラウンドレッスン日程

《ラウンドレッスン》
スクール生料金
¥22,000-
税別
ビジター料金
¥24,000-
税別
(最小催行人数2名〜)
米原スタートパック料金別途    
(コースでのお支払いとなります)
コース使用料、練習場施設使用料、昼食、ロッカーフィ、入浴可
送迎有(交通費含)

基本タイムテーブル
現地9:00到着
10:00ドライビングレンジレッスン開始
12:00昼食
13:00パッティングレッスン開始
14:00コースレッスン
17:30コース出発
19:00帰宅予定

2月予定日
(17日A、18日P、19日B、
 24日CM、25日TL、26日A)
3月予定日
(2日B、3日TL、4日A、10日P、
 11日CM、30日B、31日TL)
4月予定日
(1日A、6日P、13日B、14日CM、15日TL、20日A、21日P、22日B、27日CM、28日TL、29日A、30日B)

*10日前までの要予約エントリー
*キャンセルフィについて
 5日前まで50%以降100%
 (天候により中止有り)
TL-ティーショット、ロングショット特化
(主にティーイングエリア、セカンドショットがメイン)
A-アプローチショット特化
(主にグリーン周りがメイン)
P-パッティング特化
(主にグリーン上、グリーンカラーがメイン)
B-バンカーショット特化
(主にサイドバンカー、ガードバンカーがメイン)
CM-コースマネージメント特化
(コースの攻め方、ショットの繋がり、スコアメイク、組み立てがメイン)
*当日参加メンバー希望により特化変更有り

お問い合わせ
春日橋ゴルフクラブ 03-3761-6761

コンバインドプレーン縦プレーン作り 面高プロの


コンバインドプレーン縦プレーン作り

〈コの字スイング〉
L字スイングで手首の動きを入れたらその後腕を持ち上げていきます。
右肘を曲げながら外側に開かない様、右脇が90°に
なるまで持ち上げます。右肘も90°、手首も90°になっていれば
右肩の上にクラブが倒れ腕とクラブでカタカナのコの字形が
出来てきます。この時左腕は時計の10時から11時を
指し少したわんでも構いません。この形がトップオブスイングです。
ダウンスイングは足腰の戻しに合わせて左腕主導で真下(真横)に
下ろします。
この腕の上下の動きが縦プレーンになります。
フォロースルーも上げるのは右腕主導で手首と腕で左肩の上に
コの字を作ります。
ここまでがコの字スイングです。
次回はフルスイングです。
お楽しみに!

【コースレッスン】〜初心者編 小高プロ

【コースレッスン】〜初心者編

ショートスイング、ミドルスイングの練習でボールを
捉えられるようになったらいよいよ実戦です。
コースに出てみましょう。
と言っても最初から18ホールプレーする訳ではありません。
3ホール、6ホール、9ホールと少しずつ段階をおって
コースに慣れていくのです。

初めは3ホールのコース体験から...
いつも練習しているショートスイング、ミドルスイングを使って
プレーします。
コースだからと言ってドライバーやフェアウェイウッドなどの
不慣れなクラブを使う必要はありません。
まずは、普段の練習を実践すればいいのです。
その他、簡単なルールやマナー等もプレーしながら覚えていきましょう。
一人で考えながらプレー出来るようになるための第一歩です。

次回もお楽しみに!

コンバインドプレーン縦プレーン作り 面高プロ

コンバインドプレーン縦プレーン作り
縦プレーンはコック動作(手首を親指方向へ曲げる動作)と
腕のリフトアップ動作(腕を持ち上げる動作)によって作られます。
今回はコック動作を入れたL字スイングをご紹介します。
〈L字スイング〉
9ー3スイングで体のターン動作が出来たらその動きに
手首の動きを加えます。
体を45°捻ってから更に90°まで捻る間に手首を親指方向へ
90°曲げます。左腕を伸ばしたまま右肘は軽く曲がり、
腕が9時を指した時に腕とクラブでL字形が出来ます。
ターン動作は足腰の戻しから始め、腕を下ろしながら手首の角度を
出来るだけ保ちながらインパクトを向かえます。
その後フォロースルーにかけて腰を90°回す間にまた手首を親指方向へ
曲げL字形を作ります。右腕が伸び腕が3時を指した時、
腰と肩が90°回っていれば完了です。

« 2020年1月 | メインページ | ブログ記事一覧 | 2020年3月 »