女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

『正しい構えが良いスイングを作る』小高コーチ


前回、正しくボールを捉える為に必要な条件のお話をしましたが、その条件を満たす為には正しい構え(アドレス)を作ることが大切です。
正しい構え(アドレス)を作るポイントは...

①クラブフェースをターゲットに向ける
②グリップを作る正しく握る
③体の向きをターゲットに対して平行に構える
④ボールの位置、手の位置を一定にする
⑤姿勢を正し、スイング軸を作る

上記のポイントに注意して毎回同じ構え(アドレス)が作れること、これが再現性のあるスイングを作る為の第一歩です。
毎ショット違う構え(アドレス)をしていたのでは、毎回それに合ったスイングをしないと正しくボールを捉えることは出来ません。
皆さん、構え(アドレス)のチェックを疎かにしていませんか?
上級者ほど構え(アドレス)のチェックを欠かしません。
是非、構え(アドレス)のチェックをしてみてください。
何かヒントが見つかるかも...

※次回はショートスイングについて...

« 前の記事 | ブログ記事一覧 | 次の記事 »