女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

2019年12月アーカイブ

忘年GOLF大会 渡邊プロ

おはようございます!
スクール担当 渡邊です。
年末恒例!
12月29日、きみさらずゴルフリンクスにて忘年GOLF大会を
開催致しました(^^)
天気は快晴!絶好のコンディションの中、スクール生の皆様、
日頃の練習の成果を発揮しながらのラウンドを楽しんでいましたー♪
そして夜の部では表彰式&忘年会、大変盛り上がりました(^^)
また来年の年末は...
『きみさらず』
ピートダイをやっつけろ!!
お楽しみに(^^)!

今年も残すところあとわずかとなりましたが、
スクール生の皆様、
プライベートレッスン生の皆様、
そして春日橋ゴルフクラブ関係者の方々、
1年間、お疲れ様でした。心より感謝しております。
新年も宜しくお願い申し上げます。
ブログ上で恐縮ではございますが年末のご挨拶とさせて頂きます。

どうぞ、良いお年をお迎え下さい。

シニアツアーQT二次 渡邊プロ

おはようございます!
スクール担当、渡邊です。
シニアツアーQT二次2日目です!
1日目とは打って変わって曇空...気温も上がりません(TT)寒っ...
スタートホール、4mの下りのバーディーパット。速いの分かっているのに狙いにいって1.5mオーバーからの〜3パット(>_<)
それでもその後2つバーディーを取り1アンダーターン。
が...ハーフターンしてティーショットでいきなり右のレッドペナルティーエリアへ...何とかボギーで上がったのですが、更に12番Par5セカンドショットでグリーン狙ったらボールは池に消えて行きました(>_<)
またしてもレッドペナルティーエリア...
何とかボギーで上がり、気を取り直して次のPar3、5mのバーディーパットが決まりました(^^)!
最終ホールもセカンドショットが1.5mに!
下り軽いスライスを入れ、4バーディー3ボギー71の1アンダー。トータルイーブンで19番目で通過出来ました!
m(_ _)m
次は3/25〜3/27
Kochi黒潮cc黒潮c!!
オフは無さそうです^ ^

皆さん、ラウンド中のペナルティーエリアの処置、お困りではありませんか?わからない事がありましたらお気軽にお声掛けください♪

『正しい構えが良いスイングを作る』小高コーチ


前回、正しくボールを捉える為に必要な条件のお話をしましたが、その条件を満たす為には正しい構え(アドレス)を作ることが大切です。
正しい構え(アドレス)を作るポイントは...

①クラブフェースをターゲットに向ける
②グリップを作る正しく握る
③体の向きをターゲットに対して平行に構える
④ボールの位置、手の位置を一定にする
⑤姿勢を正し、スイング軸を作る

上記のポイントに注意して毎回同じ構え(アドレス)が作れること、これが再現性のあるスイングを作る為の第一歩です。
毎ショット違う構え(アドレス)をしていたのでは、毎回それに合ったスイングをしないと正しくボールを捉えることは出来ません。
皆さん、構え(アドレス)のチェックを疎かにしていませんか?
上級者ほど構え(アドレス)のチェックを欠かしません。
是非、構え(アドレス)のチェックをしてみてください。
何かヒントが見つかるかも...

※次回はショートスイングについて...

ショットにおいて一番大切な事 小高プロ

前回まではM y P arや9ステップの考え方を中心にお話をしてきましたが、今回は具体的にどのような点に注意して練習をしたら良いかをお話ししたいと思います。

ショットにおいて一番大切なことは『クラブヘッで正しくボールを捉える』事です。
具体的にどういう事かというと...
インパクトの瞬間に次の条件を満たしていなければなりません。

①クラブフェイスが目標に対して直角であること。
②クラブヘッドの軌道が目標線と一致していること。
③クラブヘッドの入射角度がフェイスでボールを完全に捉える角度であること。

上記の条件を満たすスイングを作る為には...

きっと皆さん、一生懸命クラブを振って練習したくなると思いますが...

まずは「振る」より「正しく構える」!

ということで、大切なのは正しい構え(アドレス)を作ることです。
正しい構え(アドレス)無くして良いスイングは出来ません。

※次回はアドレスについて...

シニアツアーQT二次 渡邊プロ

こんにちは!
スクール担当、渡邊です。
12/5、12/6の2日間、
千葉県は南茂原ccにてシニアツアーQT二次に挑んで来ました!
コースのセッティングも難しくなりグリーンスピードは速く、硬く締めてございました^^;初日3バーディー4ボギー73の1オーバー、26位タイとギリギリ圏内スタート。最終ホールの7mバーディーパットが決まってくれて何とか踏ん張れた感じです^^;
しかし34名通過の予選会。
後が無い...
さて勝負の2日目は...

グリップの交換 渡邊プロの

スクール担当渡邊です。
今週のシニアツアーQT二次に向けて現地入りしております。
本日は練習ラウンド。
やはりSWの練習頻度が多い為、グリップの消耗が早い...そこで、グリップ交換をすることに(^^)
まず1.カッターで古いグリップを切って剥がします。2.両面テープを新しく巻き直し、3.ホワイトガソリンを潤滑剤にして新しいグリップを刺していきます。
《こだわりポイント》下巻きの両面テープを螺旋二重、縦一で巻いて少し太めに!

どこからでも寄りそぅ(^^)!

皆さんも、唯一の接点のグリップを大切に!!わからない事がありましたらお気軽にご相談下さい♪

全てのステップに共通する考え方 小高コーチ

【全てのステップに共通する考え方】

今回は、コースで打つショットの考え方についてお話しします。
9ステップゴルフスクールでは、コースでプレーをする際に6つショット頭においてプレーをして頂いています。
6つのショット
①最高のショット
②良いショット
③まあまあのショット
④ギリギリセーフのショット
⑤悪いショット
⑥最悪のショット
皆さんは、プレーをする時にどのショットを目指していますか?
いつも最高のショットをイメージしていませんか?
毎ショット最高のショットを求めるが故に力んでしまいダフリやトップ又はOBや池などのミスが起きるのです。
コースに出たら『まあまあのショット』を意識することで力みが無くなりショットが安定し、たま〜に『良いショット』や18Hで一回の今日イチショット『最高のショット』が出るのです。
ミスをしても、距離のロスが無く次に前を狙えるような『ギリギリセーフのショット』まではOKなのです。
やってはいけない事は、距離のロスをして打数が増えてしまうダフリ、チョロ、何もしなくても打数が足されてしまうOBやハザードに入れてしまうこと、これは出来るだけ少なくしたいですね。
ゴルフはミスのゲームです。もっとミスを許しましょう。そしてMy parを目指し最低限必要な技術を磨き、考え、気付く事が上達、スコアアップに繋がるのです。

« 2019年11月 | メインページ | ブログ記事一覧 | 2020年1月 »