女性にも人気!大田区・品川区のゴルフ練習場なら春日橋ゴルフクラブ。

ティーアップする最適ポジションがある(100壁) 山本プロ NO.1

 ゴルフ場で唯一、自分で好みのライを選べる場所がある。  
それがティーグラウンドだ。  

左右のティーマーカーの間なら、どこにでも好きな所にティーアップできる。
だが、「スコア100の壁を切ることができないゴルファーだと、ただ漠然と
ティーアップしているケースが多い」と山本プロがこう指摘する。

「持ち球と相談しながらティーアップするのがいい。 100も切れないレベ
ルだとスライスに悩んでいる人が多いでしょう。
 そういう人はできるだけティーマーカー左寄りにティーアップするのが原則
です。  フェアウエーの左サイドから右サイドまで広く見渡すことができて、
フェアウエーを広く使える。  右に曲がる許容が大きくなり、スライスしても
ミスにならないケースがある。
 また、ティーグラウンドは必ずしも平らではなく、ツマ先下がりのライで
ティーアップするのも厳禁です。  もし、左右のティーマーカーの間が、
どこもツマ先下がりなら、ティーアップを高めにすることでボールがつかまり
やすくなり、スライスを防止してくれます」

 山本プロによると、スライサーがティーマーカー右寄りにティーアップする
と、スイングが萎縮して「手でクラブをこねて、引っ掛けやゴロのミスが出や
すい。  もちろん気持ちよく振れば、スライスの度合いは大きくなって右サ
イドの林の中に消えて行く」(山本プロ)ことになる。
次回に続く

« 前の記事 | ブログ記事一覧 | 次の記事 »